接客サービスレポートでは接客サービス毎の効果数値を中心に表示していますが、接客サービス毎の数値は「信頼度」を加味した数値表示とはなっておりません。
理由としては、本レポートでは接客サービス毎の分析にフォーカスし、個別の値を算出することを主目的としているためです。従って、信頼度が未だ低い状態の接客サービスも集計の対象としています。

一方、接客サービスレポートのプロジェクト全体値の「リフトアップ」部分では全体の傾向値を正確に出す主旨に基づき、信頼度=高の結果のみが集計対象となります。

※信頼度の詳細についてはこちらの記事をご覧ください。