セグメントや、接客サービスの配信トリガーの条件として、閲覧ページのURLを指定する際に必要となる、KARTEにおけるURLの解釈に関する仕様について解説します。

KARTEではページの情報を以下のように分割して情報を保持しています。
例えばURLがhttps://admin.karte.io/project/plaid/?KARTE=true&Plaid=1234#testというページの場合は以下のように分解されて情報が保存されています。

名称 該当箇所
閲覧ページのURL(access.uri.url) https://admin.karte.io/project/plaid/
閲覧ページの!!プロトコル!!(access.uri.protocol) https
閲覧ページの!!ホスト!!(access.uri.host) admin.karte.io
閲覧ページの!!パス!!(access.uri.path) /project/plaid/
閲覧ページのクエリ文字列(access.uri.query) KARTE=true&Plaid=1234
access.uri.queryKey.KARTE(!!パラメータ!!) true
access.uri.queryKey.Plaid(!!パラメータ!!) 1234
閲覧ページのURIアンカー(access.uri.anchor) test

上記を参考に、配信したいページや、除外したいページのパス、クエリキーを自社サイトに合わせて設定ください。

http://www.example.comのようにサブドメインが存在する場合のホストはwww.example.comです。
※上記URLの例はファイル名部分を省略する記法ですが、例えばhttps://admin.karte.io/project/plaid/about.htmlの場合、/project/plaid/about.htmlが!!閲覧ページのパス!!(access.uri.path)となります。
クエリキー(queryKey)について