ウェブ/アプリからイベントがトラッキングされた場合、reqという名前のイベントが自動的に発生します。

ウェブのイベントの場合

エンドユーザのIPアドレスやURLの情報がセットされます。

{
  "req": {
    "pathname": "/p/5b0xxxxxxxxxxxxxx/user/wuid-marketo-8551901",
    "host#sets": "admin.karte.io",
    "url#sets": "https://admin.karte.io",
    "user-agent": "Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/67.0.3396.99 Safari/537.36",
    "ip_address": "111.111.111.111",
    "_source": "web",
    "date": 1532935617
  }
}

アプリのイベントの場合

エンドユーザのIPアドレスやapp_info(端末やアプリのバージョン情報等)がセットされます。

{
  "req": {
    "ip_address": "111.111.111.111",
    "app_info": {
      "version_name": "1.0",
      "version_code": 1,
      "karte_sdk_version": "1.2.5",
      "package_name": "io.karte.android.tracker_sample",
      "system_info": {
        "os": "Android",
        "os_version": "7.0",
        "device": "SCV33",
        "brand": "KDDI",
        "model": "SCV33",
        "product": "SCV33_jp_kdi",
        "android_id": "653fa66afcd5c32a"
      }
    },
    "_api_call": 1,
    "_source": "native_app_sdk",
    "date": 1532932978
  }
}

※tracker.js(計測タグ)やアプリのSDKは、リクエスト数削減のため短時間で発生した複数のイベントを1つのHTTPリクエストに乗せて送信する場合があります。この場合reqイベントは1つしか発生しないため、reqイベントと他のイベントは必ずしも1対1とは限りません。

対象イベントでの利用

通常、接客の対象イベントは単一のイベントに対してのみANDを使い複数の条件を指定することができます。
reqイベントは例外的に、通常のイベントとreqイベントを同時にAND条件により指定することができます。

reqイベントの活用

IPアドレスでのセグメント作成

アクセス元IPアドレスを指定したセグメントを作成する際に、利用することができます。

例えば、社内IPアドレスからアクセスしている人だけをセグメント化する、といったことが可能です。

reqイベントをユーザー詳細画面で確認する

ユーザー詳細画面には、デフォルトではreqイベントが表示されません。
reqイベントを確認したい場合は、「デバッグモード」を有効にしてください。

「デバッグモード」については、こちらをご覧ください。