KARTEとLINE@アカウントを連携されると、LINE@アカウントがAPI型に変更されるため、リッチメニューの利用が可能となります。
ただし、リッチメニューはLINE@Managerでしか設定することはできません。
LINE@Manegerの「リッチコンテンツ作成」>「リッチメニュー」から編集してください。

詳しくはLINE社のリファレンス等でご確認、またはLINE社にお問い合わせください。
ご参考:LINE APIリファレンス