チャットを除くKARTE TALK機能(メール、SMS、ウェブプッシュ通知など)で未実施案と比較をするABテストの設定はできない仕様です。機能として、未実施案の設定ができないようになっています。なお、クリエイティブのABテストとして、複数の実施案を設定することは可能です。
オンライン上で行う接客サービス(ポップアップやチャットなど)の場合は、その接客を行った時と、行わなかった時のKARTEの効果を比較できますが、オフラインで接客を行うメールなどの場合はその効果を、メール送信時に開始した同一セッションで発生する必要のあるオンライン上のゴールで測ることが難しいためです。