迷惑メールフォルダに振り分けられた場合のチェックリスト

送信したメールが迷惑メールフォルダに振り分けられるというような受信者からの報告があった場合には、以下をまずご確認ください。

確認項目

1.報告のあったドメインの他のアドレスには送信できるか
2.報告のあったドメイン以外のドメイン宛てには送信できているか

確認方法

1.接客サービス詳細の結果から、送信失敗ユーザーのメールアドレスを確認する →詳細
2.テスト配信で、お客様担当者のテストアドレスに送信する →詳細

メールの到達率を高める仕組み

KARTEから送信するメールについては、
・お客様の独自ドメインを用意していただきメールを送信する
・DKIM/SPF認証を必須として送信元の認証ができるようにする
という方法をとることで、メールの到達率を高めるような仕組みを取っています。

(1)Sendgrid
Sedngirdでは、ユーザーの許可を得てメールを送信しているということを証明するために、Whitelabelという機能があります。
KARTEからSendgrid経由でメール配信する場合でも、Sendgridの「Domain Whitelabel」と「IP Whitelabel」という機能を利用しています。
(参考リンク)

送信ドメイン認証(SPF、DKIM)を独自ドメインで行うための機能が「Domain Whitelabel」で、3つのCNAMEレコードを追加する必要があります。これによりメール送信のセキュリティを高めることができます。
(参考リンク)

送信元IPアドレスの逆引きができるようにするための機能が「IP Whitelabel」です。
送信元IPアドレスとはKARTEで一括管理しているため、この機能を使うためにお客様側での設定は不要です。
(参考リンク)

(2)Mailgun
Mailgunでも、SPFとDKIMの仕組みを利用して送信ドメイン認証を行なっています。
(参考リンク)

迷惑メールと判定されないために

受信者からのオプトインをとり、ブラックリスト登録などもされておらず正しく送信元認証ができている場合でも、メールが迷惑メールフォルダに振り分けられることはあります。
これは各プロバイダが様々なロジックでスパム対策を講じているためで、そのロジックはブラックボックスです。
各プロバイダは、送信元の信頼性だけでなく、受信者の行動をみて、エンゲージメントの高さを測っています。
迷惑メールと認識されないようにするには、受信者のエンゲージメントを高めるようなメールを送信することが大切です。

(エンゲージメントに関する良い兆候)
・送信したメールが受信者に開封・クリックされている
・送信したメールに返信・転送されている
・送信元アドレスがアドレス帳に追加されている
・迷惑メールフォルダに振り分けられてしまった場合でも、「迷惑メールではない」ボタンをクリックしている

(エンゲージメントに関する悪い兆候)
・受信者から迷惑メール報告をされている
・受信したメールがすぐ削除されている
・ここ数ヶ月全くメールを開封していないユーザーにもメールを送り続けている
・受信ボックスの容量不足でブロックされているユーザーにもメールを送り続けている

以上のことを考慮しながら、メール配信を行っていただくようお願いいたします。

(参考)グレイメールの罠:どうして迷惑メールになるのか
(参考)迷惑メール判定を回避するには?
(参考)Gmailの一括送信ガイドライン