KARTEの接客サービスの配信モードには、「イベント応答配信」と「プッシュ配信」があります。

「イベント応答配信」を使ったメール配信には、「かご落ちメール」などWeb上のユーザー行動をトリガーとした配信に利用します。

「プッシュ配信」は、該当するセグメントに所属するユーザー全てに対して配信を行います。
KARTEのセグメントは、ユーザーの行動をWeb上で計測したタイミングで更新されるため、Webに来訪していない状態(オフライン状態)のユーザーにリーチするときの配信には適していません。

Webに来訪していないオフライン状態のユーザーにリーチするための配信機能は、ユーザーダッシュボードのターゲット配信機能(β版)が、今後利用可能になる予定です。