目次 - Page Index

回答

開封数は、開封測定用のHTMLタグ(WEBビーコン)を自動的に挿入して計測しており、
クリック数は、メール送信時に、短縮URLに自動変換されたリンクがクリックされたときに計測される仕様となっているため
テンプレートの新規作成時には、特に意識して頂く必要はございません。

開封数はメーラーの仕様や設定により、一部正しく計測できない可能性があります。一方、クリック数は正確に取得することが可能です。正確なクリック率を算出するには「クリック数/送信数」での集計がおすすめです。

理由

開封率は、メーラーの設定がHTMLメール表示が可能かつ画像表示をONにしている場合にのみ取得できます。これは、KARTEからHTMLメールを送信する際、本文内に開封率測定用のHTMLタグ(WEBビーコン)を自動挿入し、これを読み込んだ際に開封したと判定しています。
このため、下記2つのようなケースはエンドユーザーの開封を取得できません。

  1. エンドユーザーが、HTMLメールを表示できないメーラーを使用している
    KARTEからのメール配信では、HTMLメールと同時にテキストメールを配信しています。
    エンドユーザのメーラーでHTMLメールが表示できない場合に、テキストメールが表示されます。この場合、開封率測定用のHTMLタグ(WEBビーコン)が読み込まれず開封したかどうかを取得することができません。一方、メール内のリンクをクリックしたかどうかの測定は可能です。
  2. HTMLメールの表示はできるが、メーラーの設定で画像表示を拒否している
    メーラーによっては、デフォルトまたは個人の設定変更により画像表示を制限することができます。
    画像表示を制限している場合、開封率測定用のHTMLタグ(WEBビーコン)が読み込まれず開封したかどうかを取得することができません。一方、このケースもメール内のリンクをクリックしたかどうかの測定は可能です。

一方クリックについては、短縮URLの展開時にクリックを計測する仕様となっているため、KARTEのトラッキングしているサイトへのリンク、サイト外へのリンクどちらも計測可能です。

参考