検索エンジンは基本的にロボット*を用いてクローリングし、そのデータを元にページの評価を行っています。

KARTEの計測タグは、ブラウザタイプを判別して計測・配信の対象とすべきか判別しており、Googleなどのロボットを対象外と判断し除外するように設計しています。このため、どのようなタイプの配信を設定したとしても、KARTEタグを導入しているサイト本体のSEOに影響を与えないと考えています。また、現時点でランクが明確に下がったという報告もございません。

今後Googleやその他の検索エンジンにおいて、ブラウザタイプを偽証するロボットが導入される可能性はありますが、今のところその可能性は低いと一般に考えられています。また、検索エンジンが属さないことが明らかなセグメント(ログインユーザー、購入直後のユーザーなど)を対象とすることで、確実にSEOへの影響を与えないような配信を行うことも可能です。

ページ全体を覆うタイプ(KARTEカードタイプ)について

Googleの場合、ページ内に組み込まれている動的な部分も評価の対象として含めるようになっており、ページ全体を覆うタイプのUXについて、ページの評価を下げる旨を公表しています。こちらにつきましても、上記KARTE仕様によりサイト本体のSEOに影響を与えないと考えています。

一方、KARTEはユーザー体験を向上できるようなサービスの提供を目指しており、ユーザー体験を明らかに阻害するような接客サービスは当社としても推奨はしておりません。より顧客に最適化されたユーザー体験が可能な機能を拡充して参ります。

* ロボットとは、検索エンジン運用会社が各サイトをクローリングする際に使用しているシステムを指します