「離脱」の定義はサービスや企業毎にも異なるため、どこでも使える汎用的な形での実現方法はありません。
ただ、近しいユーザーをセグメントすることは可能です。以下ではその設定方法例を記載します。

ここでは「 https://karte.io/xx 」など特定のページから離脱したという条件で作成します。
サイトのいずれかのページから離脱したなど広く緩和した条件での設定はできません

手順(①/②)

1. 特定ページ離脱後、再度サイトへ来訪している場合

セグメント作成→「xxセグメントに入る」を条件としたフィルタイベント作成→発火確認の順で進みます。

  • セグメント作成
    • 下記の条件でセグメントを作成します
    • 「前回セッションの最新の値」 = 前回セッションの最後の値となるため、「閲覧ページのパス」で条件指定した場合は最後に見ていたページとなります

  • フィルタイベント作成
    • 下記の条件でフィルタイベントを作成します
    • 上記で作成したセグメントのIDを入力します

  • 発火確認
    • 実際に該当ページから離脱し、別セッションでサイトに再来訪しましょう
    • その際、作成したセグメントに入っている・フィルタイベントが発火していることを確認します

以降、下記のような行動が可能となります。

  • 離脱ユーザーの数を確認
  • 離脱ユーザーの前後行動をストーリー画面で分析 -> 体験改善へ
  • 離脱ユーザーの再来訪時に接客サービスを配信

2. 特定ページから離脱後、もうサイトへ再来訪していない場合

KARTEでは基本的にはサービスへの来訪タイミングで計測が行われ、データの更新がされます。
従って、最終来訪時 = 離脱時となるため下記セグメントの作成のみで完結します。

  • セグメント作成
    • 下記の条件でセグメントを作成します

  • 注意点
    • 「最新セッションの最新の値」 で設定しているため、該当ページを見て離脱したユーザー以外にも、今まさに該当ページを閲覧中のユーザーも含まれます。

以降、下記のような行動が可能となります。

  • 離脱ユーザーの前後行動をストーリー画面で分析
    • 「離脱している」ユーザーかどうかはストーリー画面を見ることで判別します

関連ドキュメント