URIアンカーを利用したテストセグメントの作成方法を紹介します。

ポイントは、一度URIアンカーを含んだイベントを発生させる必要があることと、
正しくセグメントが作成されていることを確認するために、再度同じURLにアクセスする必要があるという点です。

URIアンカーを含んだイベントを発生させる

karteの計測タグが埋め込まれているサイトのURLの末尾に、アンカー(#任意の文字列)を追加しアクセスする。
sample: http://demo.karte.io/#test

セグメントの作成

セグメントの作成画面より以下の条件でセグメントを作成する。
セグメントの作成方法が分からない方はこちらをご確認ください。

  • すべての期間>計測タグ>閲覧ページのURIアンカー>最新の値>が>任意の文字列>に>等しい

再度同じURLにアクセスし、セグメントにユーザーが含まれるか確認

再度1のURLにアクセスします。
セグメントにユーザーの数字が表示されたら正しくセグメントの作成ができていることになります。