「話しかける」ツールでは、ユーザの購読情報を元に送信の可否を判定しています。

例えばメールの場合、identifyイベントのsubscriptionフィールドの最新の値がfalseである(もしくは一度も送信されていない)ユーザには送信されず、接客数にもカウントされません。

但し、対象ユーザセグメントに含まれるユーザ数は配信時間に影響するため、できるだけ配信可能なユーザのみに絞り込んだセグメントを対象ユーザとすることを推奨します。

各ツールの購読情報のフィールド例

  • メール: identifyイベントのsubscriptionフィールド
  • SMS: identifyイベントのphone_subscribeフィールド
  • アプリプッシュ通知: plugin_native_app_identifyイベントのsubscribeフィールド
  • LINE: plugin_line_identifyイベントのsubscribeフィールド