はい、可能です。

接客サービスの対象イベントにて、閲覧ページのパスを指定する際に最後のルール文を「〜のどれかに等しい」「〜のどれかを含む」としていただくことで複数のパスを同時に指定可能です。