セグメント編集画面などでイベントのフィールド名に別の名称を表示させたい場合、イベント画面から「フィールド表示名」を設定をすることが可能です。

イベント画面 > イベントを編集する | KARTEサポートサイト

ただし、外部サービスのセグメントデータを大量に連携する場合は、すべて手動で設定するのが現実的ではないケースがあります。その場合は、「イベントパラメータの表示名設定」から設定用のJSONデータを登録してください。

※この設定には、基礎的なJSONの知識が必要になります。

設定方法

  • [プロジェクト設定 > オプション > イベントパラメータの表示名設定]を開きます
  • 後述する仕様に応じたJSONデータをテキストエリアに入力し、[保存]ボタンを押します

JSONの仕様

以下の項目を含むObjectの配列を登録してください。

名前 必須 説明
event String 対象イベント名
field String 対象フィールド名
text String 設定したいフィールド表示名
priority Number 表示順序の優先度

設定例

[
  {
    "event": "_answer_question",
    "field": "5a0128c4b908ec613671d7c0.question_1.choices",
    "text": "問い合わせ内容"
  },
  {
    "event": "segments_demographic",
    "field": "0644389808",
    "text": "女性:15~17歳",
    "priority": 200
  }
]