接客サービスを受けたユーザーを一覧でダウンロードをすることができます。どのようなユーザーがクリック、ゴールしたかを確認し、ユーザーの行動を分析する際に利用できます。

ご希望の場合はプラグイン設定が必要なため、サポートチームにチャットもしくはメールでご連絡ください。
こちらの機能はエンタープライズプランをご利用のクライアント様のみの提供となります。

ダウンロードの方法

接客サービス詳細>接客ユーザーリスト より接客ユーザーリストダウンロードをクリックするとリストをダウンロードすることが可能です。

  • 一度にダウンロードできる件数は3万件となります。接客数が多い場合は日付を変更してダウンロードをお願いします。
  • 出力はUTC(協定世界時)で行われます。
    日本時間の場合、指定日付の9時〜翌日9時のデータとなるため出力時はご注意ください。
  • 管理者(owner)権限のみがダウンロード可能となります。※閲覧者(viewer)はダウンロードできません。

  • 接客ユーザーリストダウンロード: 未実施グループのユーザーはリストに含めません。
  • 接客ユーザーリストダウンロード(未実施ユーザーも含む): 未実施グループを含めたABテストを実施している接客サービスにおいて、未実施グループに含まれたユーザーもリストに出力します。

項目の定義

項目名 説明
接客日時 接客サービスを配信した日時。
アクション名 接客されたアクション名が記載されます。
ユーザーID ユーザーIDが記載されます。ビジターの場合vis–と表示されます。
接客クリック日時 接客をクリックした日時。
ゴール名 接客サービスの公開設定に設定したゴール名。購入の場合はbuyと表示されます。
接客後ゴール日時 接客を受けた後、ゴールが発生した日時が表示されます。
接客クリック後ゴール日時 接客をクリックした後、ゴールが発生した日時が表示されます。

リストの見方

ダウンロードしたリストの日時表記はJST時間での表記となります。

リストはユーザーのセッション毎に1行で表示とされます。
例えば同一ユーザーに対して同一セッション中に接客サービスが複数回表示された場合、接客ユーザーリストは1行のみのデータとなります。

ただし、同一ユーザーに対して同一セッション中に接客サービスが複数回表示され、かつ同一セッションで複数のゴールが発生した場合は、ゴール毎に行が追加されます。

注意点

  • 同一ブラウザで複数のuser_idを連携したユーザーがいた場合、そのユーザーへの接客配信が正しくリストに反映されないケースがあります。KARTEではクロスブラウザの行動データ統合を柔軟に行うキーとしてuser_idを使用しており、user_idのスイッチングを想定していないためです。
  • リストの項目のカスタマイズは不可となっております。