KARTEに対してデータ入力を行う機能および、KARTEからデータ出力が行われる機能における期待動作値、動作上限値は以下の通りとなります。

定義

期待動作値

KARTEが正常に可動している状態において、期待することのできる動作速度や動作量
(ただし、この値での動作を保証するものではなく、あくまでも目安となる数値です)

動作上限値

KARTEが正常に可動している状態において、動作制限が行われる(可能性のある)動作速度や動作量
(KARTEの稼働状況によっては、この値を超えた場合にすぐさま動作制限が実施されるわけではありません。動作制限が行われる可能性のあるライン、だとお考えください)

Tracking

Web

期待動作値
1,000イベント/sec ※1
動作制限値
5,000イベント/sec ※1

App

期待動作値
1,000イベント/sec ※1
動作制限値
5,000イベント/sec ※1

API

TrackAPI

期待動作値
1,000イベント/sec ※1
動作制限値
5,000イベント/sec ※1

※1 Web、App、APIの合計値を対象とします

ターゲット配信

1配信における配信通数が30万通を超える場合、配信途中で強制的に処理が中断される可能性があります。
30万通以内となるように、配信対象を調整してください。

メール

期待動作値
100通/sec
動作制限値
30MB/1通(メールの容量。添付ファイル含む)
30万通/1配信

LINE

期待動作値
100通/sec
動作制限値
フィールドごとに文字数やサイズの制限があります。詳細はLINE側の仕様をご確認ください。
https://developers.line.biz/ja/reference/messaging-api/
30万通/1配信

NativePush

期待動作値
100通/sec
動作制限値
4KB/1通
30万通/1配信

SMS

期待動作値
5通/sec
動作制限値
1600文字/1通(ただし、一定長を超える長さの本文については、複数のメッセージに自動分割されます)
30万通/1配信

Datahub

データインポート(GCS)

期待動作値
40,000レコード/sec

データインポート(S3)

期待動作値
3,000レコード/sec

データエクスポート(GCS)

期待動作値
40,000レコード/sec
(前処理となるクエリ実行時間を除く)

データエクスポート(S3)

期待動作値
3,000レコード/sec
(前処理となるクエリ実行時間を除く)

なお、Datahubに関しては、契約内容に応じた保存量等が定められています。
また、データの保存先である Google BigQuery の各種制限が適用されます。
https://cloud.google.com/bigquery/quotas