KARTE Journeyへようこそ!

KARTE Journey とはKARTEを利用いただくための旅の流れを表しております。みなさまがKARTEを通して良いCXを提供していただけるよう、道案内をさせていただきます。

利用開始〜3ヶ月の流れ

まずは、ご利用開始から3ヶ月間でKARTEの価値を感じていただくことが重要と考えております。まずは下記のステップしたがってKARTEを運用を進めていきましょう。既存のプロジェクトで運用担当を引き継がれた方はStep2と3を進めてください。


※Chat Support/Support Site/Dev Portal以外は全て管理画面内のストアに導線をご用意しております。

Step1: KARTEの運用体制、運用スケジュールを決めましょう。

まずはKARTE Journey – Day1 – に申込みましょう。新規でお申込みいただいたお客様がKARTEをスムーズにご利用いただけるよう、運用体制及び運用のスケジュールの設計をセミナー形式で行います。なるべく、ご利用開始後〜2週間以内にご参加ください。
尚、KARTEの運用担当者のアカウント招待が完了していない場合はこのステップで完了させましょう。
※KARTE Journey – Day1 – は新規でKARTEをご利用のお客様のみ必須となっております。

Step2 :KARTEの基本を学びましょう

KARTEの超基礎をKARTE Journey – Entry – で学びましょう。こちらの動画コンテンツでは約10分間でKARTEでユーザーをセグメントする方法と施策を配信する方法を学べるほか、KARTEの概要や管理画面の操作方法をご案内しております。
動画コンテンツの受講方法はこちらをご確認ください。

Step3 :KARTEで施策を設計/配信し、実践的な機能を学びながら施策をよりよくしていきましょう

まずはKARTEで実施したい施策の設計を行い、1つ配信してみましょう。
KARTEの基礎的な仕様や操作方法、設定方法はKARTE Journey – Basic – で学びましょう
また、必要に応じてKARTE Journey – Advanced – を受講いただき、KARTEの応用的な機能について学びましょう。

同時にKARTE Journey – Study – ではKARTEの機能にフォーカスした、下記6種類のコンテンツをご用意しております。実施したい施策に関連のあるものを選択いただき、受講してみましょう。
– アンケート/スクリプト配信といった高度なアクションの活用
– チャットの活用
– LINEの活用
– ユーザーダッシュボードの活用
– スコアの活用
– Datahubの活用
※一部のコンテンツはセミナー形式となっております。

Step4 :これまでの振り返り/今後の運用の設計をしましょう

配信した施策を振り返りましょう。利用開始から3ヶ月以内にKARTE Journey – Review – に参加し、施策の振り返りとともに、今後の運用を設計しましょう。

その他サポートコンテンツのご案内

  • KARTE Library
    KARTE LibraryとはKARTEのご利用開始から3ヶ月以内のお客様を対象とした自習室となります。KARTEの施策設計や設定をする場所としてご利用いただくことが可能です。

ナレッジストア>セミナー>KARTE Library -KARTE利用初期ユーザーに向けた自習室-
よりお申込ください。

  • Chat Support
    KARTEの基本的な機能の設定方法や仕様に関するお問い合わせは下記の通り管理画面よりチャットサポートにお問い合わせください。
    チャットサポートの受付時間は10:30~17:30となっております。
  • Support Site/Dev Portal
    サポートサイトにはKARTEの基本的な機能や仕様に関するサポートドキュメントをご用意しております。

    また近々エンジニア向けサポートドキュメントをまとめたDev Portalも公開予定となっております。
  • Knowledge Store
    他社の企業事例や施策のノウハウ、ケーススタディなどを管理画面内のストアページに定期的にアップしております。セミナー情報もこちらに掲載されておりますので、適宜ご確認ください。