接客エラーレポートとは

ユーザーがサイト上で、接客サービスに設定された配信条件(対象ユーザー、トリガー、スケジュールなど)に合致し、接客サービスの配信判断後、配信(ユーザーのブラウザへ表出する)直前に、接客アクションのスクリプトエラーで表出が取り消された時にエラーイベント(_error)が発生します。
接客エラーレポートはこのエラーイベントの発生状況とその一覧を確認するためのレポートです。

トラブルシューティング用レポートのエラーイベントのみを抽出したレポートです。

接客エラーレポートの見方

  • グローバルナビゲーション>レポートアイコン>トラブルシュート用レポート からレポートを選択してご覧ください。
  • レポート画面右上、「表示期間」に任意で指定した期間に発生したエラー情報がレポートに反映されます。
    • )
    • 現状、任意の日時期間を指定することはできません。
  • グラフは日時のエラー発生件数の推移を表示します。
  • 表に表示される内容の詳細は以下をご覧ください。

エラーが多い接客サービス・アクション

エラー発生件数による接客アクション単位の降順一覧です。

発生したエラーリスト

計測されたエラー種別件数による接客アクション別の降順一覧です。
最新1000行までの表示です。それ以上を見るためにはテーブルをダウンロードしてください。

指標定義

指標名 定義
配信準備数 接客サービスの配信判断が下った時に発生する_message_suppressedイベントの発生件数
エラー数 アクションのJavaScriptエラー発生時の_errorイベントの発生件数
エラー率 エラー率=エラー発生件数/接客配信準備数。接客サービス配信の判断が下された回数に対する、エラーイベントの発生回数の比率。
最後に発生した日時 指定した表示期間内で対象イベントの発生した最後の日時

参考:エラーの詳細

KARTEの配信でよくあるエラーのメッセージをご紹介します。

※ 同一エラーに対するエラーメッセージでも、エンドユーザーのブラウザによって文言が異なる場合があります。

※ このレポートで表示しているのはJavaScriptエラーです。基本的には、接客アクションのカスタマイズを行なった結果のエラーの可能性が高く、カスタマイズを行なった場合はサポート対象外となります。エラー内容をご参考に、カスタマイズ箇所の修正をお願いします。

JavaScriptの文法が間違っているケース

JavaScriptとして解釈できない記述がされている場合、下記のようなエラーが発生します。

エラーの例

エラーメッセージ 説明
Syntax error, unrecognized expression: ‘A’ Aという記述が文法的に誤っている
Unexpected identifier ‘A’ Aという記述が文法的に誤っている
Unexpected token ‘A’ Aという記述が文法的に誤っている

定義されていない変数や関数を呼び出しているケース

KARTEで配信されている接客アクションのスクリプト内で、存在しない変数や関数を呼び出している場合、下記のようなエラーが発生します。
エラーメッセージを確認し、変数や関数を正しく定義してください。

エラーの例

エラーメッセージ 説明
‘A’ is not defined スクリプト内で使用している変数Aが定義されていない
‘A’ is null/undefined スクリプト内で使用している変数Aが定義されていない
Can’t find variable: ‘A’ スクリプト内で使用している変数Aが定義されていない
‘A’ is not a function スクリプト内で関数として使用しているAは、関数として定義されていない
Cannot call method ‘A’ of ‘B’ スクリプト内で使用しているBの中の関数Aが定義されていない
Cannot read property ‘A’ of undefined” スクリプト内で定義されていないオブジェクトのフィールドAを参照している
Object ‘B’ has no method ‘A’ スクリプト内で使用しているBの中の関数Aが定義されていない
‘A’ is not an object (evaluating ‘B’) Bという処理の実行中に参照した変数Aが正しく定義されていない

お知らせ機能でエラー情報を受け取る

お知らせ・通知機能
の「接客サービス」カテゴリーで、前日の

  • エラー率が10%以上
  • エラー発生回数が10回以上

の接客サービスがある場合にその概要をお知らせします。
お知らせの通知受け取り方法についてはお知らせ・通知機能のサポートサイトをご参照ください。

どのユーザーでエラーが発生したか調べたい場合

接客エラーレポートから遷移することはできませんが、以下のようにして、エラーが発生しているユーザーのセグメントを作成することができます。
すべての期間>_error>message.campaign_id(接客サービス名)>直近30件>xxx(接客サービス名)>を含む(部分一致)

必要に応じてセグメントを作成し、ご確認ください。