KARTEのアクション中のScript(JavaScriptコード)は実行時に評価しており、外部ソースとして読み込んでいる形ではないため、Chrome DevTools上の「Sources」タブ中の「Network」には表示されません。

以下の操作を行うことで、Chrome DevTools上の「Sources」上で確認を行えます。

コンソール上のログから表示する場合
アクションのJavaScript内で console.log() 等を使用してログを出力できる場合は以下の手順でアクションのJavaScriptコードを「Sources」に表示できます。

  1. Chrome DevTools上の「Console」タブ上で該当のログを探す
  2. 該当のログ横にソースコードへのリンクが表示されるので、そのリンクをクリックしてソースコードを表示する

ソースコード検索から探す場合
Chrome DevToolsのメニュー上の「Search all files」からソースコードを検索して表示します。
※Chrome DevToolsのSettings > Preferences > Sourcesで「Search in anonymous and content scripts」が有効化されている必要があります。

  1. Chrome DevToolsのメニュー上の「Search all files」を選択
  2. 検索ボックスにアクションのScriptの一部を入力して検索する
  3. 検索結果をクリックしてソースコードを表示する