メールやLINE、SMSなどのTALK系のアクションの配信のゴールの現状の考え方について説明します。

アクションのゴールイベントは、「接客サービスが配信されたセッション内で発生したゴールイベント」を計測・カウントしています。

メールやLINEなどのアクション配信時には、ゴールイベントの考え方が以下のようになっているため、メールを配信したユーザーが、該当のメールを開封後、すぐゴールイベントを発生させたとしても、接客サービスのゴールとして計測されない場合があります。

この仕様については、今後変更の可能性がありますのでご注意下さい。

Talk配信結果レポート

上記の仕様とはいえ、接客サービスを配信(メールなどの送出)してから同一セッション内のゴール計測では正しく施策の効果を把握することができないためTalkをご利用いただいている方には「Talk配信結果レポート」にて効果計測期間を任意で最大30日まで伸ばして見ることのできるレポートを用意しています。
詳しくはこちらのサポートサイト をご参照ください。