サポートサイトや管理画面から取得できるタグは、タグ実行時にエラーが発生した場合は「_error」というイベントをKARTE側に送信する記法になっています。

「_error」というイベントを調査することで、タグ設置時エラーの原因特定が行いやすくなります。

_errorイベントが発生しているセグメントを作成

このセグメントを作成することで、_errorイベントが発生しているユーザーのみをセグメント化できます。

セグメントの作成には来訪中のユーザー画面左上の「追加」ボタンをクリックし、新規セグメントを追加します。

任意でセグメント名の名前を入力し、以下の条件でセグメントを設定します。

すべての期間 > _error > message > 送信回数 > 1以上

原因の特定

来訪中のユーザー画面で作成したセグメントクリックすると、_errorが発生しているユーザーを絞り込むことができます。

ユーザー詳細ページにはそれぞれのユーザーで「_error」が発生したタイミングがわかるので、前後の閲覧情報や_errorイベントの内容から、設置タグ内容に問題がないかご確認をお願いします。