KARTE Talk機能でチャットを利用したときのチャットオペレーション稼働状況と問い合わせ状況を確認する「Talkチャットレポート」に新しい指標を追加してより細かな分析を可能にし、さらに、チャット対応の評価を行うための「Talkチャット効果レポート」を新たに公開しました。

「Talkチャットレポート」に追加された指標

既存のレポートに追加された指標は以下のものです。
– 平均値と中央値の両方がみられるようになりました
– 休日などを挟んだ期間の場合に平均値は大きくぶれてしまうところ、中央値を見ることでより実態に近い数値をご覧いただけます
– チャットアイコンの表示から、お問い合わせに至ったUUまでのファネルが確認できるようになりました

リニューアルされたレポートでは、グラフで表示されていた日次推移の値をCSVダウンロードできるボタンも追加されました。

Talkチャットレポートの詳細についてはこちらのサポートサイトをご覧ください。

「Talkチャット効果レポート」で見ることのできる指標

チャットの対応をしたことにより、CVに繋がったかどうか、チャット対応の効果を測ることができるよう以下の指標がご覧いただけます。

  • チャット問い合わせ(会話)をしたUU数
  • チャット問い合わせ(会話)をした後にゴールしたUU数、発生したゴールイベント数とその金額

Talkチャット効果レポートの詳細についてはこちらのサポートサイトをご覧ください。