この記事ではKARTE Liveで動画を再生する際の画面(※プレイヤー画面とします)について記載します。

ストーリー画面(ユーザー行動詳細)からの再生

再生開始

①リアルタイム再生

そのユーザーがサイトへ来訪中の場合は、リアルタイム再生用のボタンが表示されます。クリックすると、プレイヤー画面のウインドウが表示され現在ユーザーが取っている行動をそのまま再生させることができます。

②録画再生

各イベントごとに、その時点での録画を再生することができます。対象イベントにマウスオーバーすると、再生ボタンが表示されます。クリックすると、①同様にプレイヤー画面のウインドウが表示されます。
対象とするイベントの絞り込み、検索方法についてはイベント表示設定をご参照ください。

チャット画面からの再生

再生開始

①リアルタイム再生

そのユーザーがサイトへ来訪中の場合は、リアルタイム再生用のボタンが表示されます。クリックすると、プレイヤー画面のウインドウが表示され現在ユーザーが取っている行動をそのまま再生させることができます。

②録画再生

各イベントごとに、その時点での録画を再生することができます。イベントは「イベント表示名」で検索することができます。イベント表示名についてはコチラをご参照ください。

プレイヤー画面の操作方法

①リアルタイム/録画開始時間

リアルタイムの場合は「リアルタイム」表示、録画再生中はそのセッションのスタートの時間が表示されます。

②共有

動画を再生するための共有用URLを発行することができます。

  • 動画のURLをコピー:そのセッションの最初から録画を再生させることができます。
  • 現時点の動画のURLをコピー:コピーした時点から録画を再生させることができます。

③タイムラインの表示/非表示

右カラムに表示される「ユーザー情報」および「タイムライン」の表示/非表示を選択することができます。

④最小化/最大化

画面の最小化/最大化表示を選択することができます。最小化した場合は、ドラッグでKARTE画面上でプレーヤー画面を移動させることができます。

⑤ユーザー情報/タイムライン

  • ユーザー情報:再生中ユーザーのユーザーデータ、セグメントを表示させることができます。
  • タイムライン:録画再生中のみ、タイムライン上からイベントを選択して、その時点からの録画を再生することができます。イベントは「イベント表示名」で検索することができます。イベント表示名についてはコチラをご参照ください。

⑥シークバー

録画再生中、バーをクリックすることで任意の時点から再生させることができます。リアルタイム再生中は利用できません。

⑦停止状態をスキップ/再生速度

  • 停止状態をスキップ:録画再生中、同一セッション内であってもユーザーの行動に変化がなく離脱していると思われる時間を、スキップして再生させることができます。
  • 再生速度:再生速度を遅くしたり、速くする設定ができます。

プレイヤー画面のユーザー行動再生について

KARTE Livedではユーザーのページ上の行動の流れを見ることができます。
具体的にはデバイスごとに下記のような表示が行われます。

  • PC:
    • ページスクロール
    • ユーザーのマウスカーソルの移動(カーソルアイコンが表示され続けます)
    • クリック(クリック可能箇所・未反応クリック共にユーザーのクリック時には円のポインターが表示されます)
  • スマホ/タブレット:
    • ページスクロール
    • タップ(タップ可能箇所・未反応タップ共にユーザーのタップ時には「クリック」同様円のポインターが表示されます)

関連ドキュメント