KARTE Liveでユーザーの行動を動画で見る際に、ユーザー・セグメント単位ではなく特定の行動単位で動画を見たい場合の操作方法について説明します。

設定方法

  1. 確認したい行動をイベント化する
  2. イベント画面から該当イベントを選択して該当ユーザーリストを表示する
  3. ストーリー画面に遷移してLiveで動画を見る

1.確認したい行動をイベント化する

まずはイベントを作成します。
イベント画面からイベント追加を行うことができます。
特定のページ閲覧など閲覧ベースのイベントや、xxセグメントに入ったxxスコアが上がったなどの行動はフィルターイベントから設定が可能です。詳細はこちらの記事をご参照ください。

一方、ページ上の特定行動をイベント化したい場合やその他特定行動をイベント化する場合にはスクリプトやカスタムイベントタグを用いてイベントを作成する必要があります。こちらはエンジニアリングスキルが必要となるためご注意ください。

スクリプトテンプレートの参考例

2.イベント画面から該当イベントを選択して該当ユーザーリストを表示する

該当イベントを作成したら、イベント画面でそのイベントを選択します。
※まだイベントが発火していない(=該当行動を起こしたユーザーが1人もいない)場合は「未計測」というラベルが付くため、作成後に自分で該当行動を起こしてイベント発火確認をしておきましょう。

3.ストーリー画面に遷移してLiveで動画を見る

該当イベントを選択した状態では画面中央以下にイベントが発生したユーザーのリストが表示されます。このユーザーレコードはそれぞれクリックすることでそのユーザーのストーリー画面に遷移することが可能です。

上記レコードをクリックしてストーリー画面に遷移します。

サンプルケースの場合、フィルターイベントを作成しているため実際にLiveを使って動画閲覧するのは1つ上の閲覧イベントとなります。赤枠で囲っている再生アイコンから再生ができます(表示している秒数は該当イベントの長さです)。

KARTE Liveは「ストーリー画面」「トーク画面」「イベント画面」と幾つかのKARTEの機能から再生することが可能です。ぜひイベント起点でのKARTE Live活用も試してみてください。

関連ドキュメント