サイトレポートとは?

サイト全体のヘルスチェック用レポートです。
全体の来訪数や曜日時間帯でのアクセス解析、ページ毎のアクセス傾向の把握を行うことができます。

※ベーシックレポート全体の概要はこちら

サイトレポートの構成

サイトレポートは以下の要素で作られています。それぞれ下記にて詳しく説明します。

  • サイト全体
  • 日次来訪数・ゴール率
  • 時間帯別来訪数・ゴール率
  • 曜日別来訪数・ゴール率
  • ページ毎詳細

サイト全体

KARTEで計測したデータによる、サイト全体のパフォーマンス指標を表示しています。
※全体値の下部の色付きの値は表示期間と前期間比較での増減率となります

  • 合計セッション数
    • サイト全体の選択期間でのセッション数
      ※KARTEの標準セッション定義は30分です
  • 合計PV数
    • サイト全体の選択期間でのページビュー数(=viewイベントが飛んだ数となります)
  • 平均ゴール率
    • サイト全体でのゴールまでの到達率
      ※ヘッダーで指定したゴールイベントが対象となります
  • 平均直帰率
    • サイト全体の選択期間での初回PV時点でサイト離脱した数の割合
      ※特定ページではなくサイト全体の値です

※前期間比について…
レポート上で選択している期間と同じ分を、選択期間の始まりの日の前日から遡って前の時期に取り、どの程度数値に変化があったかを割合で表示しています。

  • 例)「直近1週間」を選択期間とした場合:遡る対象期間は直近の2週間前〜1週間前の7日間となります。

日次来訪数・ゴール率

KARTEの代表的なアクセス指標:セッション数とゴール率を日次時系列で表示しています。
各種アナリティクスサービス同様に、サイトの全体的なコンディションを把握することができます。
※日本時間(JST)での集計となります。時間表示のタイムゾーンについてはこちらの記事もご参照ください。

  • 来訪数…時系列でのセッション数
    ※KARTEの標準セッション定義は30分です
  • ゴール率…時系列でのゴールした割合
    ※Site Report上で設定したゴールイベントに従って集計されます

KARTEによる計測数は基本的にGoogle Analyticsなど他のサイト解析ツールの計測値と一致し辛いものとなります。その理由については こちら をご参照ください。

時間帯別/曜日別来訪数・ゴール率

7曜日24時間でのセッション数をそれぞれのグラフで表示しています。左側のチャートが時間帯別右側のチャートが曜日別となります。
※日本時間(JST)での集計となります

縦軸の来訪数(全体比)は、24時間・7曜日それぞれで全体を100とした時の各時間・各曜日の来訪数を割合で算出しています。
割合換算することでより差分を把握し易くし、曜日時間帯別の来訪特徴を横比較しながら見出すことができます。各棒グラフをマウスオーバーすることで具体的な数値が表示されます。

※指標定義については「日次来訪数・ゴール率」チャートと同様です

ページ毎詳細

サイト内URLパス(ページ)毎の各種データを数表形式で一覧表示しています。ページ毎のヘルスを把握する上で、個別の数値を確認する、特定の数値を抽出して更に分析する等にご活用いただくことができます。表示期間内のPV数100以上 かつ PV数の上位1000件のパスが表示対象となります。

  • 各指標について
    • ページタイトル:ページ毎にサイトで設定されている名称
    • パス:そのページの所属を表す “/” 配下
    • セッション数:該当ページのセッション数
      ※KARTEの標準セッション定義は30分です
    • ゴールセッション数:該当ページのゴールまで到達したセッション数
    • ゴール率:該当ページのゴール率
    • PV数:該当ページのPV数
    • セッション内の位置:セッション内の開始〜終了全体を100とした時にどの位置に占めるかを表示
    • 離脱数:該当ページで離脱したPV数
    • 離脱率:該当ページで離脱したPV数÷該当ページを閲覧した全PV数
    • ランディング数:該当ページへの直ランディングPV数
    • ランディング率:該当ページへの直ランディング率
    • 直帰数:該当ページの直帰PV数
    • 直帰率:該当ページの直帰数÷ランディング数

※右上にあるCSVダウンロードボタンより、ページ単位の詳細のデータを表示期間分ダウンロードすることができます。ローカルで集計を行う際、他のデータと紐付けて分析する際などにお使いください。

関連ドキュメント

ナレッジ

レポート全体、レポート内のチャートにおける代表的な活用方法をまとめています。(※随時更新)