自社サイトのアクセスを7曜日24時間毎に分けて見ることで、ユーザーが集中してサイトに来ているタイミング・傾向を把握することができます。
ベーシックレポート > サイトレポート > 来訪数・ゴール率(時間帯別・曜日別)チャートを使用します。

利用方法

  • まずヘッダーの表示期間を選択します。その際、見たいゴールイベントを合わせて選択してください。

  • 再読み込み後、「来訪数・ゴール率(時間帯別・曜日別)チャート」を確認します。左図が時間帯別、右図が曜日別です。

  • 来訪数…時間帯別(24時間)、曜日別の来訪傾向(セッション単位)
  • ゴール率…時間帯別(24時間)、曜日別のゴール到達傾向(セッション単位)
    時間は日本時間(JST)表示となっています。

利用シーン例

基礎的な分析ではありますが、ユーザーの特徴を曜日時間帯の傾向から捉えることで次のアクションにつなげることも可能です。その一例をご紹介します。

  • 時間帯別のアクセス傾向から接客サービスを配信するタイミングを計らう。※例えば午前中に集中している場合は、モーニングシーンに合わせた接客や、通勤・通学時間を狙った回遊促進接客など
  • 平日・週末のアクセス傾向からキャンペーン開始のタイミングを設定する
  • アクセス数とゴール率を比較して比例しているか、異なる曜日時間帯で伸長しているか、などの特徴を発見する

関連ドキュメント