ユーザー一覧の左側に並んでいるセグメントの管理方法をご案内します。ユーザー一覧のセグメント一覧、上部にある歯車マークから「セグメントの一覧」画面へアクセスすることができます。

セグメント一覧画面では

  • セグメントを格納し整理する「フォルダ」の作成、編集
  • セグメントの作成、編集
  • セグメントのアーカイブ、削除
  • セグメントに合致したユーザーの推移を確認

をすることができます。

セグメント一覧画面の操作方法

  1. フォルダまたはセグメントの新規作成ができます。
  2. 右の一覧に表示するセグメントのフォルダを選択(複数選択可)します。デフォルト(セグメント管理画面を開いた時)は、全選択の状態です。カッコ内の数字は合致ユーザー数です。
  3. 右の一覧に表示するセグメントのフォルダを選択している時、その選択を全解除するオプションです。
  4. 画面に表示されているセグメントに対し、セグメント名またはセグメントの説明内のキーワードで検索をかけることができます。
  5. 画面に表示されているセグメントを、最終更新者名でフィルタすることができます。
  6. 画面に表示されているセグメントを、セグメント名、作成日、最終更新日、合致ユーザー数の昇順/降順に並び替えることができます。デフォルトのセグメントの並び順はあいうえお順、フォルダは作成日順です。
  7. セグメントの設定内容をすべてCSVでダウンロードする、複数セグメントを一括アーカイブする、アーカイブ済セグメントの表示条件の設定、などの操作ができます。

セグメントの詳細情報をみる

  1. セグメント名の上をマウスオーバーすると、操作メニューが表示されます。「詳細をみる」をクリックすると詳細が開き、閉じる時は「詳細を閉じる」をクリックしてください。
  2. 詳細情報は、現時点でセグメントに該当しているユーザーセッション数、セグメントルールと、当該セグメントが配信対象ユーザーに設定されている接客サービス名です。
  3. セグメントに合致判定されたUU数の日次/週次推移グラフです。この数値は累計ではなく、当日にサイト来訪し当該セグメント合致判定がされたUU数です。※このチャートから該当するユーザーの可視化・リスト抽出を行うことはできません

セグメントフォルダで設定できる項目

フォルダの編集可能内容は以下の通りです。

  • フォルダ名:フォルダの名称です。
  • フォルダの説明:フォルダの内容についてメモをしておくことができます。
  • サイト内でレシピとして利用:繰り返し使う項目であれば、ここにチェックを入れておくことでセグメント作成時や配信ページを設定時にフォルダ内のセグメントをレシピとしてワンクリックで選択できるようになります。

セグメントのアーカイブと削除

個別にアーカイブする

個別のセグメント名の上をマウスオーバーをすると表示される操作メニューからアーカイブができます。

複数同時に(一括で)アーカイブする

セグメント一覧画面右上の歯車ボタンのメニューから、「セグメント一括アーカイブ」を選択すると一括アーカイブモードに切り替わります。

一覧表示されているセグメントの左にチェックボックスが表示されます。
1. アーカイブしたいセグメントにチェックを入れ
2. 画面上部にある「一括アーカイブ」ボタンをクリックすると
チェックしたセグメントが全てアーカイブされます。

アーカイブされたセグメントを表示する

セグメント一覧画面右上の歯車ボタンのメニューから、「アーカイブ済セグメント」の表示切り替えを行えます。

個別に削除する

アーカイブされたセグメントのみ、削除することができます。削除をしたいセグメントは予め、アーカイブをしてください。

アーカイブされたセグメントを表示すると、このように「アーカイブから戻す」または「削除」のメニューが表示されます。
なお、アーカイブから戻す操作を一括で行うことはできません。

複数同時に(一括で)削除する

セグメント一覧画面右上の歯車ボタンのメニューから、「セグメント一括削除」を選択すると一括アーカイブモードに切り替わります。

一覧表示されているセグメントのうち、アーカイブ済みのものにのみ、左にチェックボックスが表示されます。
1. 削除したいセグメントにチェックを入れ
2. 画面上部にある「一括削除」ボタンをクリックすると
チェックしたセグメントが全てアーカイブされます。