ユーザーから取得できるイベントをもとにセグメントの作成を行います。

セグメント作成画面へ遷移

セグメント作成画面への遷移方法は以下の2種類となります。

  1. ユーザー一覧の左パネルにあるセグメント一覧表示の上部にある「+」をクリックしてセグメント新規作成画面へ遷移
  2. セグメント一覧画面左上の新規作成より新規作成画面へ遷移

セグメント一覧画面の詳細についてはこちらをご確認ください。

セグメント作成画面

セグメントの作成は以下のフローで行います。

  1. セグメントの名前を記入します。
  2. セグメントの詳細な説明を記載します。
  3. セグメントの保存するフォルダを選択します。フォルダが未設定の場合はユーザー一覧のセグメントとして表示されません。
  4. 「手動で追加」をクリックし条件設定のフォームを表示します。
  5. セグメントの条件を入力します。セグメントの様々な設定方法についてはこちらをご確認ください。
    ※なお、一度もイベントとして計測されていない項目は選択肢として表示されません。
  6. 更新マークをクリックすると入力した条件に対して直近1日(24時間)で該当するユーザー数が表示されます。

最後に「保存」をクリックするとセグメントが作成されます。

セグメント作成時の注意点

  • 一度もイベントとして計測されていない項目は選択肢として表示されません。
  • 新規で作成したセグメントの数値カウントについては、新規セグメント作成後(編集後)以降に条件に該当するユーザーのアクセスがあった場合に更新される仕様となあります。
    セグメント作成直後は数値が”0”もしくは少なく見えますのでご注意ください。
  • 複数の条件を追加した場合、すべてand条件(かつ)となります。

取得項目サンプル

それぞれの取得項目のサンプルはこちらをご確認ください。

条件指定

送信されたデータごとの条件指定に関してはこちらをご確認ください

頻出セグメント

よく利用されているセグメントはこちらをご確認ください。