ユーザーの検討状況の高まりを把握するために、商品詳細ページの閲覧回数を分析したいなどの目的で、特定ページの閲覧回数のチャートを作成する方法について説明します。

1.フィルターイベントの作成

まずは特定ページを閲覧した際に発生するフィルターイベントを作成します。
フィルターイベントについてはこちらを参照して作成してください。

イベント画面から、フィルターイベントを作成します。

以降の例では、
閲覧 > 閲覧ページのパスが > product/item を含む(部分一致)
が商品詳細ページを表すものとして記載しています。
(フィルターイベント作成画面)

2.ユーザーの統計値の作成

ユーザーダッシュボードの画面から、イベントの登録を行います。
– 歯車マーク > 使用するユーザーの統計値 を選択
新規作成 から、1で作成したフィルターイベント(詳細)を選択し、イベント登録します。
すべての期間 > フィルターイベント名 > date送信回数

3.チャートの作成

ユーザーダッシュボードの画面から、チャートを作成します。
– 歯車マーク > チャートの新規作成  > ユーザーの統計値 を選択
– 対象のユーザーの統計値では、2で登録したイベントをプルダウンから選択
– 区分を設定して保存します。