注:この機能はβ機能のため今後仕様などが変わることがございますがご了承ください。

Web上から来場予約などを行ったユーザーに対して、予約日前日にリマインダ配信を行うことが可能です。

前提

ユーザータグ(identifyイベント)などで予約日の情報を取得していることが必要です。

ユーザーダッシュボードの条件作成

1. 歯車マーク > 使用するユーザーの統計値 から、予約日の最新の値を作成します。

(イメージ)

2. 歯車マーク > チャートの新規作成 から、ユーザーの統計値を作成します。表示する指標の区分は自由に設定してください。

(イメージ)予約日seminer_dateが翌日という指標の作成方法

(イメージ)作成されたチャート

3. 予約日が明日の日付のユーザーでチャートを絞り込み、フィルターグループを保存します

(イメージ)チャートの絞り込み

(イメージ)絞り込み条件の保存

接客サービスの作成

1. 歯車マーク > 「フィルターグループの管理」から、接客サービスを作成できます。

2. 以降は通常の接客サービス作成フローに準じて作成します。(ユーザーに「話しかける」タイプを選択してメールテンプレートなどを選択)

3. 対象ユーザーに上記で絞り込んだユーザーが選択されていることを確認してください。

(イメージ)接客サービスの対象ユーザー

4. スケジュールは「1日ごと」の繰り返し設定にすれば、「毎日10時に対象ユーザーへ配信する」といった設定が可能です。

(イメージ)接客サービスのスケジュール