「はじめての来訪」「じっくり検討中」といったセグメント毎に、閲覧しているページがどのように異なるか?を分析するための、ユーザーダッシュボード活用方法について説明します。

(イメージ:「はじめての来訪」セグメントで絞り込んだチャート)

(イメージ:「じっくり検討中」セグメントで絞り込んだチャート)

本ページではチャート作成方法の一例を記載しているため、お客様のサイト構造や設定しているセグメントに応じて、適宜カスタマイズしてご活用ください。

1.イベントの登録

  • 歯車マーク > 使用するユーザーの統計値 を選択
  • 新規作成 から、閲覧ページ(計測タグ)に関するイベントを登録します。(閲覧ページのパス/閲覧ページのURL/閲覧ページのタイトル の 最新の値/最も頻度が高い値など)
    (イメージ)

2.チャートの作成

  • 歯車マーク > チャートの新規作成  > ユーザーの統計値 を選択
  • 対象のユーザーの統計値では、1で登録したイベントをプルダウンから選択
  • 区分は設定せずに、常に上位5件を取得する にチェックを入れる
  • 保存する で保存
    (イメージ)

3.セグメントによる絞り込み

上部のバーからセグメントを選択するか、既存で作成済みのチャートから区分を選択して、対象ユーザーを絞り込みます。
絞り込んだ対象ユーザーによってチャート表示が変わりますので、セグメント毎の傾向分析が可能です。

(イメージ:来訪回数1回のユーザーで絞り込み)

(イメージ:来訪回数20回以上のユーザーで絞り込み)